GC-Sで安全にキッチン周りを綺麗にする

  • GC-Sで安全にキッチン周りを綺麗にする

    • ガスコンロや換気扇、あるいはレンジコートの油汚れを落とす際、重曹やアルカリ電解水、苛性ソーダなどが使われていますが、これらは強力な洗剤であり、使用の際にはゴム手袋やマスク、ゴーグルなどの防護具が必要となります。どんなに厳重に防護したつもりでも、ゴム手袋の中に洗剤が入り込んでしまい、掌の皮膚につっぱり感などが出てしまった経験をお持ちの方も少なくないはずです。

      最近何かと話題のGC-Sの情報収集がもっと楽になります。

      しかし、GC-Sではこのような心配がいりません。


      GC-Sは、あらゆる油汚れを完全リセットする洗浄液です。

      GC-SのpH濃度は12であり、セスキ炭酸ソーダや塩素系漂白剤よりもアルカリ性が強いと言えますが、石鹸並みの安全性があります。



      従来使用されてきた強アルカリ性の洗浄液は、汚れを落とす際に水分を要求する特性がありました。そのため、人体に触れると細胞から水分を奪い、肌が溶けてつっぱり感を呈したり、目に入れば失明したりする危険性がありました。
      しかし、GC-Sの洗浄成分はメタ珪酸ソーダです。



      これは、温泉に含まれる天然成分でもともと水分を含んでいる物質のため、人体に触れても悪影響を及ぼしません。
      また、従来使用されてきた強アルカリ性の洗浄液とは異なり、アルミにも使用できます。

      汎用されている強アルカリ性の洗浄液がアルミに付着すると、酸性反応が進んで泡と熱が発生して溶けてしまいます。一方、GC-Sを使用すると、白サビを発生させることもなく、汚れのみを落として本来のアルミの輝きを取り戻すことができます。

      そのため、諦めていた換気扇のアルミ製ファンもスッキリ綺麗にすることが可能です。

top