GC-Sで安全にキッチン周りを綺麗にする

  • GC-Sはアルカリ洗浄液のことで自宅でも購入可能

    • GC-Sとは、アルカリ洗浄液のことです。

      GC-Sについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

      従来の塩素やフロンが人間にとっては劇薬で、手袋をはめていない手では触れなかったのに対し、GC-Sでは手で触れる安全性を追求しながら、従来通りの洗浄能力を兼ね備えたものです。



      しつこい油汚れをおとすのに、主に使われています。業務用で油を使う場合、一般家庭よりも使用量が多いため、いったん油汚れが出ると、中性洗剤ではなかなかおちません。

      従来では塩素やフロンを使っており、これらは確かに汚れをおとしますが、人体にとっても有毒で、安全ではないものでした。



      特に、塩素は人間の皮膚を破壊するため、細心の注意が必要でした。


      GC-Sでは、人間は素手でも触れますが、塩素などに匹敵する、洗浄能力を見せています。工業用グリース、固まってしまった食物油、排気ガスに含まれる油分など、通常ではほとんど取ることができない油汚れを、簡単におとすことができます。安全性が高く、清掃専門の人間を必要としないため、社内の人員だけで、飲食店の厨房の換気扇やエアコン、食品工場内の油汚れなどを、容易におとすことが可能です。

      また、アルカリ性の薬剤に特有の、アルミを腐食させる性質ないので、アルミについた油汚れも除去できます。

      販売は業務用が主ですが、オンラインショッピングモールなどでは、一般家庭用も購入可能です。安全性が高く、中性洗剤ではおちにくい汚れもおちるので、キッチンや排水溝、換気扇などの、汚れが多いところでGC-Sを使うと効果を発揮します。

top